山梨県甲斐市の調剤薬局 ぴぃす薬局

山梨県薬剤師会所属、最新の医療情報を提供します。残薬の整理・再一包化無料対応!

山梨県甲斐市で地域社会に貢献できる街の薬局

HOME ≫ よくある質問 ≫

よくある質問

  • 血圧の薬とグレープフルーツジュースの飲み合わせについて教えてください。
  • 一部の血圧の薬(カルシウム拮抗剤)はグレープフルーツジュースにより、肝臓での薬の代謝が阻害されるため、薬の血中濃度が上昇してしまうことがあります。このため、過度の血圧低下の症状が発現する可能性がありますので、この様な血圧の薬とグレープフルーツジュースとの併用は避けてください。
  • 低血糖状態の主な症状にはどんなものがありますか?
  • 血糖値か低くなり過ぎると、まず自律神経症状と呼ばれる症状が現れます。発汗や手足のふるえ、動悸、脈が早くなる、不安になるといったことです。また、強い空腹感、吐き気などが起こることもあります。これらは血糖値の下がり過ぎに対し身体が自律神経を介して発する警告症状ととらえられています。この警告症状が現れる血糖値レベルを超えてさらに血糖値が低下すると、中枢神経症状と呼ばれる症状が現れます。目のかすみ、物が二つに見える、頭痛、集中力がなくなる、身体に力が入らない、眠くなる、意識が遠のく、などです。これらは低血糖のために脳の細胞が正常に働かなくなりつつあるために起こるもので、すぐに血糖値を上げてあげないと、意識障害、昏睡に陥る危険があります。ただし、これらの症状がすべての人に一様に現れるわけではありません。人によって現れる症状はさまざまです。もし低血糖になったときには、ご自分の低血糖症状の特徴をしっかり覚え、次に低血糖になったときにすぐに対処できるようにしておくことが大切です。
  • 低血糖時の対処法はありますか?
  • 低血糖になったときは、「飴をなめる」などと言われていますが、糖尿病の薬の中には、いわゆるショ糖の様な多糖類では低血糖状態を改善しにくい薬もあります。糖尿病の薬による低血糖状態を改善するのに万能なのは「ブドウ糖」です。ですので、低血糖状態になった時には「ブドウ糖」を服用してください。
    携帯用の「ブドウ糖」は粉末タイプや固形タイプがあり、薬局に問い合わせれば、無料で取り寄せてもらえます。ほとんどの薬局では「ブドウ糖」が在庫としてストックしてあると思います。

お問い合わせはこちら

株式会社 HIRO ever ぴぃす薬局

【電話番号】
055-269-7233

【住所】
〒400-0117
山梨県甲斐市西八幡1258-1

【営業時間】
<月~水曜日、金曜日>
9:00~12:00
14:00~18:00
<土曜日>
9:00~14:00

【定休日】
日曜日、木曜日、祝日

会社概要

モバイルサイト

ぴぃす薬局スマホサイトQRコード

ぴぃす薬局モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!